歌のよな物語のよな、でも今が描かれている。これは極上エッセイだとおもう!小沢健二「春空虹之書(circa 2018)」