764◆あいちトリエンナーレ2019感想戦 四家道・円頓寺篇 #イベントリポート

タネラジ  ~よのなかぜんぶタネにしよう~
タネラジ ~よのなかぜんぶタネにしよう~
764◆あいちトリエンナーレ2019感想戦 四家道・円頓寺篇 #イベントリポート
/

イベントに足を運んで体感して見えたこと。皆さんと共有したいイベントリポート。
今回は、あいちトリエンナーレ2019「四家道・円頓寺(しけみち・えんどうじ)篇 」です。


◆四家道・円頓寺(しけみち・えんどうじ)
名古屋駅と名古屋城のほぼ中間に位置し、下町の情緒を残す町並みのある地区。
「四間道町並み保存地区」の中心的な存在で江戸時代から続く伊藤家住宅(県指定文化財)をはじめ、土蔵や伝統的な建造物が現在も残る四間道周辺や、東西500メートルにわたるアーケードの下に飲食店や日用品店が軒を連ねる「円頓寺商店街」「円頓寺本町商店街」沿いの建物などで展示。
https://aichitriennale.jp/search.html?offset=0&limit=1000&search=&artwork_category_bn=&venue_category_bn=venue_cat_S

◆注目作品
いわ:
S01 あなたは、その後彼らに会いに向こうに行っていたでしょう。 津田道子
S02 町蔵 岩崎貴宏
S05 葛宇路 葛宇路(グゥ・ユルー)
S08 声枯れるまで キュンチョメ

イケ:
S09 飯田洋服店 越後正志
S10 「輝けるこども」 弓指寛治

<基本データ>
◆あいちトリエンナーレ2019
愛知県で3年に1度開催される国内最大級の現代アートの祭典です。国際展や映像プログラムなどの現代美術と合わせて、ダンスや演劇、音楽などの舞台芸術を楽しむことができます。

テーマ 情の時代
会期 2019年8月1日(木曜)から10月14日(月曜・祝日)
芸術監督 津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)
主な会場
愛知芸術文化センター
名古屋市美術館
名古屋市内のまちなか(四間道・円頓寺)
豊田市(豊田市美術館及び豊田市駅周辺)
https://aichitriennale.jp/

以上、
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
世の中、ぜんぶタネにしよう
【タネラジ TANERADIO】
Website  https://taneraji.com/
Twitter https://twitter.com/taneraji
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

おすすめ