1593◆娯楽計画 『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』『こんにちは、私のお母さん』、1/6BSP『黒部の太陽 完全版』、展示「2121年 Futures In-Sight」展、江戸の恋(太田記念美術館)等と映画『パーフェクト・ケア』話+娯楽との触れ合い方振り返り #タネスケ

タネラジ  ~よのなかぜんぶタネにしよう~
タネラジ ~よのなかぜんぶタネにしよう~
1593◆娯楽計画 『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』『こんにちは、私のお母さん』、1/6BSP『黒部の太陽 完全版』、展示「2121年 Futures In-Sight」展、江戸の恋(太田記念美術館)等と映画『パーフェクト・ケア』話+娯楽との触れ合い方振り返り #タネスケ
/

今週楽しみたい映画、テレビ、イベント、展示等さまざまな娯楽事で、気になったものを拾ってます。今回は2021年の娯楽との触れ合い方について振り返りつつ、2022/1/4火頃からの予定もお届けします。

<2021年、僕らは娯楽をどう触れ合ったか>
1.テレビとのおつきあい
2.自宅での配信。オンラインイベント
3.映画館
4.イベント会場
5.そして町へ

<先週の娯楽ミニレポート>
◆オレンジ・・・U-NEXT「猿楽町で会いましょう」「茜色に焼かれる」、映画「彼女はひとり」「パーフェクト・ケア」「マトリックス レザレクションズ」、テレビ「SASUKE」
◆ポン・・・ドリフ大爆笑物語(12/27)、ドラマ「笑点をつくった男 立川談志」(1/2)、浅草キッド(ネットフリックス)

<気になる新作映画>
◆スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム(2022年1月7日)
正体も暴かれてしまったピーターの生活は一変。そこで共にサノスと闘ったドクター・ストレンジに助力を求め、魔術の力で自分がスパイダーマンだと知られていない世界にしてほしいと頼むが……。
2021年製作/149分/アメリカ 原題:Spider-Man: No Way Home 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
https://www.spiderman-movie.jp/
https://eiga.com/movie/94629/

◆こんにちは、私のお母さん(2022年1月7日)
ある日、母と一緒に交通事故に巻き込まれたことをきっかけに、20年前の1981年にタイムスリップしてしまった娘。そこで若き日の母と出会った彼女は、母の幸せのため、お金持ちの男性と結婚させようと奮闘する。しかしそれは、自分がこの世に産まれてこないことを意味していた。2021年製作/128分/中国 原題:Hi, Mom 配給:Tiger Pictures Entertainment、ハーク
https://hark3.com/himom/
https://eiga.com/movie/95869/

◆静謐と夕暮(2022年1月8日)
写真家の男が川辺を歩いていると、川のほとりで衰弱している老人に、何やら原稿の束を渡している女性の姿を目にする。翌日、再び男がその場所に行くと、その原稿を読んでいる人々がいた。そこには、原稿を老人に渡した女性が書いたと思われる、この川辺の街での日常がしたためられていた。一方、ある日いつものように川辺にやってきた女は、見知らぬ黄色い自転車と川辺に座る男の姿を見る。数日後、男がアパートの隣室に引っ越してきて、女の部屋に夜な夜な男が弾いているらしいピアノの音が聞こえてくるようになる。男の生態が気になった女は、黄色の自転車に乗っていく彼の後をつけていくことにするが……。2020年製作/136分/日本
https://mitei10kisei.wixsite.com/silence-sunset-jp
https://eiga.com/movie/95957/

◆ユンヒへ(2022年1月7日)
北海道・小樽の美しい冬景色を背景に、2人の女性が心の奥に封じてきた恋の記憶をミステリアスに紡いだラブストーリー。2020年・第41回青龍映画賞で最優秀監督賞・脚本賞、2019年・第24回釜山国際映画祭でクィアカメリア賞を受賞した。2019年製作/105分/韓国 原題:Moonlit Winter 配給:トランスフォーマー
https://transformer.co.jp/m/dearyunhee/
https://eiga.com/movie/95741/

◆春原さんのうた(2022年1月8日)
「ひかりの歌」で注目された杉田協士監督の長編第3作。作家・歌人の東直子の第1歌集「春原さんのリコーダー」の表題歌「転居先不明の判を見つめつつ春原さんの吹くリコーダー」を基に、喪失感を抱える女性がささやかな暮らしを続ける姿を映し出す。2021年・第32回マルセイユ国際映画祭でグランプリ、観客賞、主演の荒木知佳が俳優賞を受賞。2021年製作/120分/日本 配給:イハフィルムズ
https://haruharasannouta.com/
https://eiga.com/movie/95264/

—————————-
<気になる名画座>
◆早稲田松竹
1/08(土)~1/15(金)
「プロミシング・ヤング・ウーマン」 キャリー・マリガン 監督:エメラルド・フェネル
「17歳の瞳に映る世界」 シドニー・フラニガン 監督:エリザ・ヒットマン
http://wasedashochiku.co.jp/
▼タネラジ名画座情報 ※東京の名画座一覧
https://taneraji.com/calendar/mini-theater/

<気になる家映画>
◆NHKBSシネマ BSプレミアム https://www.nhk.or.jp/bscinema/
◆午後のロードショー テレビ東京/13:35~ https://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_afr_load/
◆BSテレビ東京 https://www.bs-tvtokyo.co.jp/cinema/
◆金曜ロードショー https://kinro.ntv.co.jp

『黒部の太陽 完全版』
BSプレミアム1月6日(木)午後1時00分~4時17分
昭和30年代、黒部峡谷に巨大なダムを建設する世紀の難工事。トンネルの掘削や次々起こる困難に、不屈の精神で挑んだ男たちを描く人間ドラマ。昭和を代表する2大スター三船敏郎と石原裕次郎が製作も手がけ、名優たちが共演、大ヒットとなった超大作。今回は、1968年(昭和43年)に劇場公開された3時間を越えるオリジナル完全版を放送。
⇒★一度は観ておきたい。懐かしさもあるけど本物力が凄まじい。日本映画の金字塔(ポ

<気になる展示>
◆「2121年 Futures In-Sight」展
本展は「Future Compass(未来の羅針盤)」というツールをきっかけに、未来を思い描くだけでなく、現在を生きる私たちの所作やつくり出すものに内在する未来への視座を、デザイナーやアーティスト、思想家、エンジニア、研究者など、多様な参加者たちとともに可視化していくことを試みる。

会期:2021年12月21日~2022年5月8日 時間10:00~19:00(入場は18:30まで)
休館:火曜日(12月21日、5月3日は開館)、年末年始(12月28日 – 1月4日)
会場:21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2(東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)
料金:一般1,200円ほか
http://www.2121designsight.jp/program/2121/

◆江戸の恋
浮世絵にはあらゆる恋のかたちを見ることができる。鈴木春信や喜多川歌麿ら一流絵師が描く、見る者をうっとりさせるような美男美女による理想の恋。いっぽうで、心中や不義密通、恋の末の殺人など、実際の衝撃的な事件を脚色した歌舞伎や浄瑠璃の愛憎劇も、浮世絵の格好の題材となった。
本展では、純愛から悩ましい恋、破滅の恋まで、恋という普遍的なテーマを通して浮世絵を紹介する。主な出品作家は、鈴木春信、喜多川歌麿、歌川国貞、月岡芳年ら。

会期:2022年1月5日~1月30日 時間10:30~17:30(入館は17:00まで)
休館:月(2022年1月10日は開館)、2022年1月11日
会場:太田記念美術館(東京都渋谷区神宮前1-10-10)
料金:一般 800円ほか
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp

<タネラジカレンダー>
https://taneraji.com/calendar/

以上、

//////////////////////////////////////////////////////////
世の中、ぜんぶタネにしよう
【タネラジ TANERADIO】
Website  https://taneraji.com/
お便り https://taneraji.com/mail/
Twitter https://twitter.com/taneraji
//////////////////////////////////////////////////////////

おすすめ