31◆イベントの質疑応答について考える

31◆イベントの質疑応答について考える

タネラジ  ~よのなかぜんぶタネにしよう~
タネラジ ~よのなかぜんぶタネにしよう~
31◆イベントの質疑応答について考える
/

「イベントと質疑応答」をテーマに話しました。

トークショー、シンポジウム、舞台挨拶、、、。大体なんでも最後に質問コーナーがありまして、生の声を聴く機会があります。より内容を深めるという意味もあれば、ファンサービスといった側面も。しかし、この質問。求められるものの幅が広く、中々難しい。

できるだけ本質をついたものを投げたいと思ったり、プライベートなことを聞きたいと思ったり、細かなデータの確認をしたいと思ったり、心を揺さぶって違う面を観る為に投げたりと思ったり、こりゃ質問ないなと感じて助けようと思ったり、イベント本体が物足りない状況だったのでそれを挽回させるトスを投げたよう!と思ったり、専門家としての見地からいい情報を追加で語ろうとしたり(これは危険思想だ)、まあ質問に関し手の向き合い方はいろいろあるでしょう。

これがあると締まるのかどうなのか、そもそも質疑が無いくらいがちょうどいい内容なのか。質問がたくさん出る位が良いイベントなのか。その辺りぐるぐると考えています。

 

//////////////////////////////////////////////////////////

【タネラジ TANERADIO】
Website  https://taneraji.com/
Twitter https://twitter.com/taneraji

感想や質問、ご要望はこちらにメールください。
taneraji@gmail.com

//////////////////////////////////////////////////////////

おすすめ