778◆「波」「図書」「世界思想」ーー。出版社の本気がわかるかもしれない「PR誌」の魅力を考える #30分読書

タネラジ  ~よのなかぜんぶタネにしよう~
タネラジ ~よのなかぜんぶタネにしよう~
778◆「波」「図書」「世界思想」ーー。出版社の本気がわかるかもしれない「PR誌」の魅力を考える #30分読書
/

読書は単なる情報収集に収まりません。もはや「ひとり体感イベント」です。でも読書初心者には本1冊読むのはハードル高い! そこでまず30分読んでみようという企画。今回は書店においてある小さな雑誌「PR誌」の『波』(新潮社)を読みました。

◆PR誌
企業や各種団体などが、自社製品の販売促進や存在や主張の宣伝などを目的として発行する定期刊行物である。出版社が発行するものは、特に出版社PR誌と呼ばれる。~wiki

 

◆出版社PR誌一覧(出版社名五十音順)※2020/4/23時点

アートン 『あとん』※確認できず。。
朝日新聞社 『一冊の本』
岩波書店 『図書』
角川春樹事務所 『ランティエ』
講談社 『本』 ※2020年11月下旬発売の12月号をもって休刊することを11/28までに決めた。
思文閣出版 『鴨東通信』(年2回)
集英社 『青春と読書』
小学館 『本の窓』
小学館『きらら』
新潮社 『波』
世界思想社 『世界思想』
ダイヤモンド社 『経』
筑摩書房 『ちくま』
東京大学出版会 『UP』
同時代社 『同時代通信』※確認できず。。
徳間書店 『読楽』※公式サイト見つからず。でもTwitterではあります。
ポプラ社 『asta*』
丸善 『學鐙』
みすず書房 『みすず』
未來社 『未来』(季刊)
有斐閣 『書斎の窓』
吉川弘文館 『本郷』
幻冬舎 『PONTOON』(電子書籍)※ウェブで2019年1月を確認

◆休刊
アスペクト 『PR誌アスペクト』※2009年9月号で休刊
KADOKAWA 『本の旅人』※2019年7月号で休刊
講談社 『IN★POCKET』※2018年8月号で休刊
春秋社 『春秋』※2018年6月号で休刊 ⇒web春秋「はるとあき」

創文社 『創文』※2016年秋号で終刊
平凡社 『月刊百科』※2011年6月で休刊
毎日新聞社 『本の時間』※2013年9月で休刊
幻冬舎 『星星峡』
光文社 『本が好き!
徳間書店 『本とも』
文藝春秋 『本の話』
マガジンハウス 『ウフ.』

◆その他のPR誌
大林組 『季刊大林』
一般財団法人キリスト教文書センター 『本のひろば』
TOTO 『TOTO通信』
スタジオジブリ『熱風』
など

<参考>
◆読書人必読! PR誌の魅力とその特徴とは? 野上 暁 評論家・児童文学者
https://webronza.asahi.com/culture/articles/2019050700004.html

◆出版社のPR誌はこんなにおもしろい! – 明治大学図書館
http://www.lib.meiji.ac.jp/about/exhibition/gallery/80/80_pdf/pamph.pdf

以上、

//////////////////////////////////////////////////////////
世の中、ぜんぶタネにしよう
【タネラジ TANERADIO】
Website  https://taneraji.com/
お便り https://taneraji.com/mail/
Twitter https://twitter.com/taneraji
//////////////////////////////////////////////////////////

おすすめ