1001◆『野中モモの「ZINE」 小さなわたしのメディアを作る』を30分読んでみた。+『アジア燃ゆ』完読篇。と『ねぼけ人生』 #30分読書

タネラジ  ~よのなかぜんぶタネにしよう~
タネラジ ~よのなかぜんぶタネにしよう~
1001◆『野中モモの「ZINE」 小さなわたしのメディアを作る』を30分読んでみた。+『アジア燃ゆ』完読篇。と『ねぼけ人生』 #30分読書
/

本1冊読もうと思うとハードル高い! そこでまず「30分」読むところから始める企画です。今回『野中モモの「ZINE」 小さなわたしのメディアを作る』を30分読んでみました。

完読篇・・・気になる本をまるっと読んで、その魅力をプレゼンテーションします。
30分篇・・・気になる本を30分だけ読んでみて、ひとまずの感想と期待を話します。

3分読書・・・3分、本で話をします。

<完読篇>
『アジア燃ゆ』MdN 新書
半年以上も抗議デモが続く香港の街で著者が取材から得た現地の声。台湾蔡英文総統の再選は香港デモが追い 風となったのか。第一線ジャーナリスト渾身の現地ルポ。
著:近藤大介
出版社:MdN(2020/04/06)
https://shinsho.mdn.co.jp/books/3220903002/
質問:
・心動かされるような箇所があれば教えてください。
・反論したくなるような箇所はありましたか。

<30分篇>
『野中モモの「ZINE」 小さなわたしのメディアを作る〈シリーズ日常術〉』
著:野中モモ
出版社:晶文社(2020/3/26)
https://www.shobunsha.co.jp/?p=5677

 

◆3分読書
『ねぼけ人生』
著:水木しげる
出版社:筑摩書房
https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480034991/
陽気な落第生だった少年時代、ラバウルで死の淵をさまよい片腕を失った戦争の時代、赤貧のなかで紙芝居や貸本マンガを描き続けた戦後、そして突然訪れた「鬼太郎」と妖怪ブームの中で締め切りに終われる日々。波爛万丈の人生を、楽天的に生きぬいてきた、したたかな日本土人・水木しげるの面白く、ちょっぴり哀しい半生の記録。

◆読書情報
本屋さんを支えたい。ブックストア・エイド(Bookstore AID)基金
新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言が全国に発令され、出口のみえない外出自粛要請と休業要請の日々の中で、全国の書店・古書店を支援するため、有志で立ち上げたプロジェクト。
https://motion-gallery.net/projects/bookstoreaid

以上、

//////////////////////////////////////////////////////////
世の中、ぜんぶタネにしよう
【タネラジ TANERADIO】
Website  https://taneraji.com/
Twitter https://twitter.com/taneraji
//////////////////////////////////////////////////////////

おすすめ