1008◆安田浩一『「右翼」の戦後史』を30分読んでみた。+『野中モモの「ZINE」 小さなわたしのメディアを作る』完読篇と、声が聞こえる本 #30分読書

タネラジ  ~よのなかぜんぶタネにしよう~
タネラジ ~よのなかぜんぶタネにしよう~
1008◆安田浩一『「右翼」の戦後史』を30分読んでみた。+『野中モモの「ZINE」 小さなわたしのメディアを作る』完読篇と、声が聞こえる本 #30分読書
/

本1冊読もうと思うとハードル高い! そこでまず「30分」読むところから始める企画です。今回『「右翼」の戦後史』を30分読んでみました。

完読篇・・・気になる本をまるっと読んで、その魅力をプレゼンテーションします。
30分篇・・・気になる本を30分だけ読んでみて、ひとまずの感想と期待を話します。

<完読篇>
『野中モモの「ZINE」 小さなわたしのメディアを作る〈シリーズ日常術〉』
著:野中モモ
出版社:晶文社(2020/3/26)
https://www.shobunsha.co.jp/?p=5677
質問:
・私は自信がありません。ZINEの品質ってどう考えたらいいのですか。

<30分篇>
『「右翼」の戦後史』講談社現代新書
著:安田浩一
出版社:講談社(2018/7/19)
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000210915

◆3分読書
頭の中で声が聞こえるような本、皆さんお持ちですか
『ラジオのこころ』
著:小澤昭一
出版社 文藝春秋(2012/8/20)
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166608720

 

以上、

//////////////////////////////////////////////////////////
世の中、ぜんぶタネにしよう
【タネラジ TANERADIO】
Website  https://taneraji.com/
Twitter https://twitter.com/taneraji
//////////////////////////////////////////////////////////

おすすめ