1175◆小学校の図書館にいた自分を思い出す。銀座子どもの本のみせ「教文館ナルニア国」 #タネリポート

タネラジ  ~よのなかぜんぶタネにしよう~
タネラジ ~よのなかぜんぶタネにしよう~
1175◆小学校の図書館にいた自分を思い出す。銀座子どもの本のみせ「教文館ナルニア国」 #タネリポート
/

気になる場所に行く、現場を歩いてみた話。今回は、銀座の本屋、子どもの本のみせ「教文館ナルニア国」 に行って見た話です。

銀座のまんなかにある本屋教文館。銀座の中で少し優しい空気を醸し出している場所ですが、このビルの6階には子どもの国がありました。子どもの本1万5千冊のフロアは、懐かしい自分と対面もできつつ、今どきの子ども(そんなに変わらないかな)の視点を感じたり、普通に本を選んだり、とちょっとした夢の国。いつもと違う時間を過ごせた気がしました。

<行ったところ>
◆子どもの本のみせ 教文館ナルニア国
教文館は1885年に創業した書店。6階のナルニア国は、ロングセラーから新刊書まで約15,000冊を取り揃えた子どもの本の専門店(2004年3月オープン)。※『ナルニア国物語』C・S・ルイスの小説
教文館のビルは1933年に竣工したもので、建築家アントニン・レーモンドが手がけたそう。
店舗案内:
1階雑誌売場/2階一般書売場/3階キリスト教書・洋書売場/4階エインカレム
6階ナルニア国
住所:東京都中央区銀座4-5-1
10:00~19:00
https://www.kyobunkwan.co.jp/narnia

<気になったこと>
◆ビル全体が醸し出す教会風のちょっと落ち着いた空気
◆入口、雰囲気。小学校の図書館を思い出す
◆あの時とつながるロングセラーの本の数々
◆フロアが大切にする手作り感とか温かみとか
◆階段をゆっくり下りてちょっとビルを眺めてみたくなる
◆カフェきょうぶんかんの佇まいもいい(4階)
https://www.kyobunkwan.co.jp/cafe
※静かに利用しましょう。

//////////////////////////////////////////////////////////
世の中、ぜんぶタネにしよう
【タネラジ TANERADIO】
Website  https://taneraji.com/
Mail https://taneraji.com/mail/
Twitter https://twitter.com/taneraji
//////////////////////////////////////////////////////////

おすすめ