1559◆「芥川龍之介 浅草公園 ――或シナリオ―― 」の声演を聴く #青空ラジオドラマ

タネラジ
タネラジ
1559◆「芥川龍之介 浅草公園 ――或シナリオ―― 」の声演を聴く #青空ラジオドラマ
/

無料で読めるシナリオをラジオドラマ風に朗読します。今回は、芥川龍之介の戯曲「 浅草公園 ――或シナリオ――」(青空文庫)をラジオドラマ風にしてみました。浅草辺りに行って、聴いたら面白いかもしれません。

今回のラジオドラマのシナリオはこちらをご参照ください。

◆芥川龍之介 「浅草公園 ――或シナリオ――」
https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/21_15157.html
(昭和二年[1927年]三月十四日)

芥川龍之介(東京府東京市京橋区生まれ 1892年3月1日~1927年7月24日・35歳没)

 

<参考>
青空文庫 分野別リスト:912 戯曲
フリー台本サイト紹介・フリー台本をお探しの方へ|フリー台本筆先の世界

 

<解説・感想>
シナリオ「浅草公園」論―

神田由美子「関東大震災後著しい変化を来たした新しい都会としての東京に、 「江戸文明」の残骸を求めて彷徨う彼の、喪失感の反映」
前田愛「現実の都市空間がうとましく、堪えがたいものになって行くからこそ、芥川は心のなかであたためつづけてきた追憶の東京、幼年時代の生を包みこんでいた幻想都市へと回帰しなければならなかった」

関東大震災後の芥川龍之介「浅草公園」の実験|Kent Nishi|note

「映画として製作、上映されることを意図しない所謂『レーゼ・シナリオ』」
「この作品が『文藝春秋』に発表された昭和2年4月といえば、大正12年9月2日の関東大地震から3年余りが経ち、大震災から復興しつつある浅草公園が舞台である。」
「幼少期に馴染んだ本所界隈の「風景を愛し」、文学や映画などの「芸術を愛」するがゆえの、芥川の新しい実験」

超難解小説『浅草公園』にチャレンジ! | 浅草のおかあさん 

各シーンには「柱」がある。
「柱」は舞台となる場所を指し示す言葉で、カメラを置く場所(撮影場所)と考えればいい。

浅草公園(芥川竜之介)の感想 – 青空文庫作品の感想 –

以上、

週末の配信回「タネメガネ」では今回の番組を少し振り返ったりしています。そちらもどうぞ。
https://taneraji.com/series/tane-look-back/

//////////////////////////////////////////////////////////
世の中、ぜんぶタネにしよう
【タネラジ TANERADIO】
Website  https://taneraji.com/
お便り https://taneraji.com/mail/
Twitter https://twitter.com/taneraji
//////////////////////////////////////////////////////////

おすすめ