タグ: 芥川賞

1170◆これは小説ならではの感覚かも。藤原無雨『水と礫』(文藝2020年冬季号)完読篇/遠野遥『破局』30分読書篇/首里城の火事で考える『沖縄(ウチナー)からは日本(ヤマト)が見える』 #30分読書

本1冊読むのはハードル高い! そこでまず「30分」分読むところから始める企画です。今回は、藤...