1154◆荒俣宏さんとお友だちになりたい。「荒俣宏の大大マンガラクタ館」に行ってきた #イベントリポート

タネラジ  ~よのなかぜんぶタネにしよう~
タネラジ ~よのなかぜんぶタネにしよう~
1154◆荒俣宏さんとお友だちになりたい。「荒俣宏の大大マンガラクタ館」に行ってきた #イベントリポート
/

イベントに足を運んで体感して見えたことを分かち合いたい。今回は、まるで荒俣んちに遊びに行ったみたいな、日比谷図書文化館で開催されている特別展「荒俣宏の大大マンガラクタ館」に行ってきました。

NHKのおためし番組で審査員やってそう。穏やかで何でも知っているけれど目の奥の光が少し怪しげな人。嶋田久作の印象強し帝都大戦の原作者って知識はあるけど見た目とどうも一致しない。でもなんとなく気になる人。そんな軽薄な印象程度で恐縮ですが、荒俣さんのことを知りたい!ということで行ってきた謎の展示「大大マンガラクタ館」。印象的だったのは、段ボールのふたに描かれた手描きコメントのテンション。荒俣さんとずっとお喋りしているみたいな展示でした。いやあ楽しい楽しい。そして、三田平凡寺さんのことをももっと知りたい。

<今回行ったイベント・展示>
◆日比谷図書文化館 特別展
『荒俣宏の大大マンガラクタ館』
多くの人が見向きもしなかったモノ、コト、ヒトを情熱的に蒐集し、評価してきた、ある意味子どもの頃から「大マンガラクタ館」の館長だったと言えるアラマタさん。本展「荒俣宏の大大マンガラクタ館」は、その人生と好奇心の拡がりを、自身のコレクションや創作物などで紹介する展覧会です。
※マンガラクタ・・・マンガを含め、「だれかに発見されないかぎり、ずっとゴミくず同然に埋もれてしまう」ガラクタこそを面白がる、という価値観を示した荒俣さんが造った言葉。
※「大マンガラクタ館」・・・荒俣さんが館長を務める京都国際マンガミュージアムでの荒俣さん自身が企画プロデュースした展示。https://www.kyotomm.jp/aramata/daimanga_top.html
会期:2020年10月16日(金)~12月16日(水) ※ 休館日 10月19日(月)、11月16日(月)
会場:千代田区立日比谷図書文化館 1階 特別展示室
観覧料:一般300円
https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/museum/exhibition/daidaimangarakutakan.html

展示概要と解説動画
1 漫画と人生
https://www.youtube.com/watch?v=gRSRJeUrOZY
2 怪奇文学大山脈
https://www.youtube.com/watch?v=_XKQDGjR-4A
3 図鑑の博物誌
https://www.youtube.com/watch?v=Z34LdJEzEkY
4・アラマタ美術誌
https://www.youtube.com/watch?v=fcajUIre89s
5 奇っ怪紳士録
https://www.youtube.com/watch?v=gyVEx8LCjJU
6 帝都物語
https://www.youtube.com/watch?v=M-9d-d83MdY
7 稀書自慢(日比谷図書文化館オリジナル展示)

//////////////////////////////////////////////////////////
世の中、ぜんぶタネにしよう
【タネラジ TANERADIO】
Website  https://taneraji.com/
Mail https://taneraji.com/mail/
Twitter https://twitter.com/taneraji
//////////////////////////////////////////////////////////

おすすめ