1411◆#娯楽計画『ブラック・ウィドウ』『東京自転車節』、再放送『古畑任三郎』※キムタク回7/21、7/10台湾そしてアジアに広がる『日本のシティ・ポップ』、東京ビエンナーレ他7/6~ #タネスケ

タネラジ  ~よのなかぜんぶタネにしよう~
タネラジ ~よのなかぜんぶタネにしよう~
1411◆#娯楽計画『ブラック・ウィドウ』『東京自転車節』、再放送『古畑任三郎』※キムタク回7/21、7/10台湾そしてアジアに広がる『日本のシティ・ポップ』、東京ビエンナーレ他7/6~ #タネスケ
/

今週楽しみたい映画、テレビ、イベント、展示等さまざまな娯楽事で、気になったものを拾ってます。見たり行ったり喋ったりにお使いください。2021/7/6~7/14頃の予定です。

<娯楽のミニレポ>
◆オレンジ・・・サッカーウィークが終わり、また、始まり
◆ポン・・・ショベルナイト

<気になる新作映画>
—————————-
◆ブラック・ウィドウ(2021年7月8日)
「アベンジャーズ」シリーズをはじめとしたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の各作品で活躍した、スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウが単独で主役を務めた作品で、孤高の暗殺者だったブラック・ウィドウがなぜアベンジャーズになったのか、知られざる物語が明らかにされる。2021年7月8日から劇場公開され、7月9日からDisney+でも配信(追加料金が必要なプレミアアクセスで公開)。2021年製作/アメリカ 原題:Black Widow 配給:ディズニー
https://marvel.disney.co.jp/movie/blackwidow.html
https://eiga.com/movie/92166/

◆映画:フィッシュマンズ(2021年7月9日)
孤高のバンド「フィッシュマンズ」に迫るドキュメンタリー。1987年に結成され、91年4月21日にシングル「ひこうき」でメジャーデビューしたフィッシュマンズ。ほぼ全ての楽曲の作詞・作曲を担当していたボーカルの佐藤伸治が99年に急逝したが、バンドは活動を続け、デビュー30周年を迎える現在も音楽シーンに影響を与え続けている。2021年製作/172分/G/日本 配給:ACTV JAPAN、イハフィルムズ
https://fishmans-movie.com/
https://eiga.com/movie/94622/

◆ベルヴィル・ランデブー(2021年7月9日)
バンド・デシネ作家でアニメーターのシルバン・ショメによる長編初監督作品で、誘拐された孫の救出のため奔走する祖母の姿をユーモアたっぷりに描いたアニメーション映画。セリフを極力排し、ジャズをはじめとした軽快な音楽にのせてデフォルメされたキャラクターが織りなす冒険を描き、フランス映画として初めてアカデミー長編アニメーション部門にノミネートされるなど世界的に高い評価を受けた一作。2002年製作/80分/フランス・ベルギー・カナダ合作 原題:Les triplettes de Belleville 配給:チャイルド・フィルム 日本初公開:2004年12月18日
https://child-film.com/Belleville/
https://eiga.com/movie/1287/

◆ライトハウス(2021年7月9日)
「ウィッチ」のロバート・エガース監督が、「TENET テネット」のロバート・パティンソンと名優ウィレム・デフォーを主演に迎え、実話をベースに手がけたスリラー。外界と遮断された灯台を舞台に、登場人物はほぼ2人の灯台守だけで、彼らが徐々に狂気と幻想に侵されていく様を美しいモノクロームの映像で描いた。2019年製作/109分/R15+/アメリカ・ブラジル合作 原題:The Lighthouse 配給:トランスフォーマー
https://transformer.co.jp/m/thelighthouse/
https://eiga.com/movie/92104/

◆東京自転車節(2021年7月10日)
2020年緊急事態宣言下の東京で自らの自転車配達員としての活動を記録したドキュメント。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため緊急事態宣言が発出された2020年の東京。自転車配達員として働くことになった青柳は、スマートフォンとGo Proで自身の活動を記録していく。セルフドキュメンタリーを踏襲しながら、SNS動画の感覚でまとめあげた日常を記録した映像を通し、コロナ禍によって生まれた「新しい日常」とは何かを問いかけていく。2021年製作/93分/日本 配給:ノンデライコ
http://tokyo-jitensya-bushi.com
https://eiga.com/movie/94844/

◆83歳のやさしいスパイ(2021年7月9日)
老人ホームの内定のため入居者として潜入した83歳の男性セルヒオの調査活動を通して、ホームの入居者たちのさまざまな人生模様が浮かび上がる様子を描いたドキュメンタリー。第17回ラテンビート映画祭や第33回東京国際映画祭では「老人スパイ」のタイトルで上映。第93回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネート。2020年製作/89分/チリ・アメリカ・ドイツ・オランダ・スペイン合作 原題:El agente topo 配給:アンプラグド
http://83spy.com
https://eiga.com/movie/93870/

<気になる名画座>
◆キネカ大森
https://ttcg.jp/cineka_omori/
7/09(金)~7/15(木)
「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」 監督:太田隆文
第2次世界大戦時、日本で唯一の地上戦がおこなわれた沖縄戦の悲劇を描いたドキュメンタリー。
「夜明け前のうた 消された沖縄の障害者」 監督:原義和
かつて日本に存在した精神障害者を隔離する制度「私宅監置」の実態に迫ったドキュメンタリー。
◆名画座情報 ※タネラジの名画座一覧
https://taneraji.com/calendar/mini-theater/

<気になる家映画>
◆NHKBSシネマ BSプレミアム https://www.nhk.or.jp/bscinema/
◆午後のロードショー テレビ東京/13:35~ https://www.tv-tokyo.co.jp/telecine/oa_afr_load/
◆BSテレビ東京 https://www.bs-tvtokyo.co.jp/cinema/
◆金曜ロードショー https://kinro.ntv.co.jp
「バケモノの子」7月9日よる9時放送
◆シネマトデイ 金曜レイトショー https://www.cinematoday.jp/cat/late-show-friday/list

<気になるテレビ/ラジオ番組/配信>
◆『古畑任三郎』10エピソード、再放送決定!名推理、再び!
7月5日(月)~9日(金)、16日(金)、19日(月)、21日(水)、23日(金・祝)、27日(火)~30日(金)、8月4日(水)~5日(木)14時45分~15時45分 /フジテレビ※関東ローカル
https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/20210618.html
https://www.fujitv.co.jp/mediamixalpha/

◆LIFE!夏「木村多江、山田裕貴、西野七瀬、吉住、豪華キャスト集結」
7/9金 22:00~22:45/NHK総合
座長・内村光良のコント番組「LIFE!」。リニューアル第二弾のメンバーは木村多江、山田裕貴、西野七瀬、シソンヌ、吉住、塚地武雅。全力コントで夏を盛り上げます。
https://www.nhk.jp/p/life/ts/8P96L8GZRL/episode/te/GZGKPRY9R4/

◆映像の世紀プレミアム「オリンピック 激動の祭典」
7/10土 21:00~22:30/NHKBSプレミアム
「平和の祭典」は、傷だらけの歴史を刻んできた。戦争によるたびたびの中止、ヒトラーのプロパガンダ、冷戦下の東西両陣営によるボイコット合戦、激動の歴史をたどる。
https://www4.nhk.or.jp/P4235/

<気になるイベント>
◆台湾そしてアジアに広がる『日本のシティ・ポップ』 寺尾ブッタ氏(大浪漫娯楽集團代表)×長谷川陽平氏(音楽プロデューサー/DJ) トークライブ
2010年代から、欧米を中心に日本のシティ・ポップの再評価が進み、その波は台湾そして韓国をはじめアジア各国に広がっています。本トークでは、「東京人」2021年4月号特集「シティ・ポップが生まれたまち 1970-1980年代TOKYO」に寄稿、アジアのミージシャンと交流し、音楽イベントのオーガナイザーとして活躍する寺尾ブッタ氏と、1990年代より韓国で音楽活動を行い、音楽プロデューサーそしてDJとして活躍中の長谷川陽平氏に、アジアにおける日本のシティ・ポップの受容、アジア発のシティ・ポップの潮流について、制作現場のリアルな声とともにお話しいただきます。
日時 :2021年7月10日(土)19:00~20:30
場所 :オンライン配信(Zoomウェビナー)/誠品生活日本橋FORUM
参加費:オンライン 無料
https://seihin0710citypop2.peatix.com/view

◆日本航空宇宙学会 宇宙ビジネス共創委員会 第2回シンポジウム「エンジニアが拓く宇宙ビジネスの未来」
現状の多様な宇宙ビジネスがどのように生まれ、展開されてきているのか、宇宙ビジネス・エコシステムの全体像を俯瞰的に共有しながら、宇宙ビジネスから見た学術界の潜在価値を明らかにすることにより、エンジニアが拓く宇宙ビジネスの今後の可能性とその課題について意見交換を行います。
日時:2021年7月7日(水)15:00~17:30
場所:日本橋三井タワー7F 「X NIHONBASHI TOWER」
※対面およびオンラインLIVE配信によるハイブリッド開催(予定)
料金:無料 ※定員会場60名予定(オンライン無制限)(変更可能性あり)
https://jsass-spacebusiness2.peatix.com
https://branch.jsass.or.jp/spacebusinesscom/

◆SDGsなのに新幹線開発なの?~持続可能な社会における開発を問う~
大規模な公共工事 「北陸新幹線建設」が、福井県の敦賀から京都府を縦断して新大阪まで延伸する予定で進められようとしていることをご存知でしょうか?
13:30~14:00 「SDGsの時代に新しい新幹線は要るの?」 神戸大学農学部准教授 長野宇規さん
14:00~14:15 外環調布陥没事故の被害住民・菊地春代さんのご報告
14:15~14:30  リニア新幹線を考える相模原連絡会・桜井真里さんからのご報告
14:30~15:00 「トンネル工事と自然由来土壌汚染」熊本学園大学福祉学部教授 中地重晴さん
15:10~15:50 全員で意見交換
15:50~16:00 質疑応答
日時:7月18日(日) 13:30~16:00
主催:北陸新幹線京都延伸を考える市民の会
https://www.facebook.com/events/498674164749527/

◆まちの記憶を記録する ~「どこコレ?」のつくりかた~
「共に知り、共に創る」とは? そして、「広場」とは? ──困難と可能性に満ちたこの時代にあって、もう一歩を踏み出すために──。さまざまな角度から「知ること」「学ぶこと」に取り組む方たちを迎え、みなさんと共に語り合う場として、新たなシリーズを展開していきます。
日時:2021年7月11日(日)14:00~17:00
会場:図書館、オンライン
主催:長野県立長野図書館
https://www.knowledge.pref.nagano.lg.jp/now/mezasukoto/torikumi/mlaforum_202107.html
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScYkSC41l9NiEBwfMrQit2nj3ndXwggLApxrJjKPpMBB4F9Ew/viewform?usp=send_form

<気になる展示>
◆特別展 植物 地球を支える仲間たち
光合成という、太陽エネルギーから有機物を作り出す能力を手に入れたことで、地球上の生命にとって、なくてはならない存在となった植物。私たち人間と同じ原始的な生命体から進化し、今や地球上の多種多様な環境に生育する最も成功している生物群と言えます。 ともすれば動物と違い、じっとしていて動きのないイメージがありますが、最先端の科学研究によって、私たちの想像を超えるアクティブな生態が明らかになってきました。本展は、植物を総合的に紹介するこれまでにない大規模な展覧会です。標本や模型、映像、インスタレーション展示などを活用し、その驚きの実像や魅力に迫ります。
日時:2021年7月10日(土)~9月20日(月・祝)
場所:国立科学博物館(東京・上野公園)
料金:一般・大学生:1,900円(税込)、小・中・高校生 :600円(税込)
主催:国立科学博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
https://plants.exhibit.jp

◆会田誠展「愛国が止まらない」
会田誠がミヅマアートギャラリーでは5年ぶりとなる個展「愛国が止まらない」を開催する。本展は当初、2020年夏に予定されていた東京オリンピック・パラリンピックにあわせ企画されたもの。それぞれ制作動機は異なりつつ、「食」を契機にした点では共通する、日本への断ちがたい会田の思いを題材とした3作品が一同に会する。
会期 2021年7月7日~8月28日
会場 ミヅマアートギャラリー
開館時間 12:00~18:00 ※オンラインでの事前予約が必要。詳細・最新情報は公式ウェブサイトへ
休館日 日、月、祝、8月8日?16日(夏季休廊)
観覧料 無料
http://mizuma-art.co.jp

◆東京ビエンナーレ2020/2021
東京ビエンナーレは、「東京」のまちを舞台に2年に1度開催される国際芸術祭。世界中から幅広いジャンルの作家やクリエイターが東京のまちに集結し、まちに深く入り込み、地域の人々とともにつくり上げていく共創型の新しい芸術祭だ。
東京ビエンナーレ2020/2021のテーマは「見なれぬ景色へ ―純粋×切実×逸脱―」。7月10日~9月5日まで、東京都心北東エリア(千代田区、中央区、文京区、台東区の4区にまたがるエリア)の各所で、幅広いジャンルの作品や、観客参加型のインスタレーションの展示、またトークやイベントなどを行う。
会期 2021年7月10日~9月5日
会場 東京都心北東エリア
観覧料 パスポート 一般 2500円 / 学生 1900円 個別鑑賞券 一般 500円 / 学生 350円
https://tb2020.jp

<タネラジカレンダー>
https://taneraji.com/calendar/

以上、
//////////////////////////////////////////////////////////
世の中、ぜんぶタネにしよう
【タネラジ TANERADIO】
Website  https://taneraji.com/
お便り https://taneraji.com/mail/
Twitter https://twitter.com/taneraji
//////////////////////////////////////////////////////////

おすすめ